アーリーリタイアへの道

50歳までにアーリーリタイアを目指します!~節約とアメリカ株投資の2本柱で~

アーリーリタイアを目指す人は同じ考え方になるのかな

f:id:elcondorpasa11:20150816145701j:plain

今日で1週間の夏休みが終わり、明日からまた社畜に戻る日々が始まります。

せっかくの連休なので?今まで見ていなかったアーリーリタイア関連のブログをありったけ目を通していました。(いつも数カ所を巡回しているだけです。)

思ったことは、やはり自分と同じ考えの方が多いなあということです。

それは、人生観だったり、投資方法だったりです。以下に、自分と同じ考え方を持った人が多かったものについて書きます。

  1. 節約とは、節約術ではなく無駄なものを買わないということ
  2. 資産運用は、短期でもうけるものではなく長期で考える
  3. アーリーリタイアに向けて計画を立てる。そしてPDCAの実行
  4. 社畜からの脱出を狙う

 

節約とは、節約術ではなく無駄なものを買わないということ

 節約するとは、いわゆる「無駄」なものを買わないということです。そもそも購入するものを減らせば、結果的に支出を減らせるはずです。まずは、毎月の支出の中で、本当に「いるもの」「いらないもの」に分けて考えるのが大事じゃないかと思います。「いるもの」に対して、節約術?でケチってもストレスが溜まるだけです。必要なものにはきちんとお金をかけながら、節約をしていくものだというのが自分の考えです。

 

資産運用は、短期でもうけるのではなく長期で考える

急にアーリーリタイアを考えた方は別として、多くは自分のような30台半ばからそれより下の方が多いように思います。資産運用は、これから上がる銘柄を必死になって探すのではなく(それは投資を仕事や趣味としている人がやればいいだけ)、ゆっくりと増やしていくというスタイルの方が多い印象です。ちなみに、FXを資産運用に取り入れない理由は、株と違ってゼロサムゲームだからです。決められたパイの中でお金の出し入れをしているということを知ってから、ないなという結論になりました。

 

 アーリーリタイアに向けて計画を立てる。そしてPDCAの実行

ゴールは 数年先のため、しっかりと目標と計画を立て、その進捗状況を毎月報告している方が多いです。(個人的な意見ですが)生々しい額まできちんと公表している人は、その本気度がぜんぜん違うように思います。なので、自分も生の金額を載せていきたいと思います。のせることによって、適度な緊張感と都度その状況が確認できるからです。

 

社畜からの脱出を狙う 

 働く理由が、「生きていくためだから、その資金があれば別に働く必要がないでしょ」という考え方に行き着いたのではないでしょうか。会社のため、日本のため、世界のためと思っている方々には、そこで頑張ってもらえばいいと思います。私にはそんな気持ちは全くありません。

 

広告を非表示にする