アーリーリタイアへの道

50歳までにアーリーリタイアを目指します!~節約とアメリカ株投資の2本柱で~

中流老人から下流老人に転落した人は落ちるべくしてなっただけでは?

f:id:elcondorpasa11:20151024152801j:plain

下流老人は、元々貧困生活をしていた人がそのまま高齢者になることで
そう呼ばれる例が多かったのですが、現役時代比較的高所得だった人が
下流老人に転落するケースが増えているというニュースが載っていました。
しかも、単身者に多いということで私も人事じゃないなと思いました。

これを読んで思ったこと。

  • そもそも、無駄遣いが多い。節約生活をすればそうならなかったはず。
  • 健康が大事。病気になると予想以上にお金がかかるかもしれない。

結局は「身の丈にあった生活をしろ」ですね。
稼ぎがたくさんあればそれ相応の生活をし、稼ぎが少なくなれば生活レベル
を下げればよかっただけじゃないですか?

と口で言うのは簡単ですが、人間には欲望や見栄というものがあり、一度贅沢な
生活になれてしまうとなかなか質素な生活に戻ることはできないと思います。

健康についてですが、独身でいる以上病気になった時でも基本的に自分一人で
なんとかしないといけません。できるだけバランスの良い食事生活を心がけて、
病気になりにくい生活をしていかないといけないと思います。

私はアーリーリタイア(早期リタイア)をこの年齢で目指しており、
節約生活をすでに始めています。
リタイア後は、今の節約生活レベルをベースに計画を立てています。
だから今の生活レベルを生涯続けていく覚悟はできていますし、健康には人一倍
心がけているつもりです。

もし、これからアーリーリタイアを目指そうと思っている方がいれば、
少しづつでも節約を心がける生活に慣れていくことが重要じゃないかと思います。
そして、その生活が当たり前になっていたらこちらのものじゃないでしょうか。

大事なのは稼ぎがたくさんあろうがなかろうが、リタイア後の生活レベルを
今この時期から慣れておくことじゃないかと思います。

「人はすぐには変われない」とはよく言ったものですね。

↓私も毎日見ています。アーリーリタイアに向けてとても参考になりますよ。
にほんブログ村 セミリタイア

ご訪問ありがとうございました。コメントもお気軽にどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 

広告を非表示にする